Links
Profile
プロフィールはこちらで確認してくださいね↓
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
New Entries




クリックで餌をあげてね

Category
Archives
Recent Comment
Search
mobile
qrcode
RSSATOM
鳴門の渦潮
0

     

    先週の大潮の日に「鳴門の渦潮」を見に行って来ました  

     

    鳴門の渦潮は、潮汐によって一日に2回鳴門海峡に出現する渦潮で、その渦の大きさは世界でも最大規模と言われています。

     

    最もよく見られる今の大潮の時期には多くの観光客でにぎわいます。

     

    よく見えるスポットは、大鳴門橋の橋桁を利用して渦潮を真上から眺められる「渦の道」、全景を見るには「鳴門公園」、もっと間近で見るには「観潮船」も何隻か出港しています。

     

    今回は大潮の日の2回めの渦潮を観ることができました。(ちゃんと時間をチェックしてから出かけました 

     

     

     

     

    DSC_0216

     

    こちらは鳴門公園からの全景です。

     

    まだ大潮の時間には少し早くて穏やかな海面ですが、よ〜く見てみるとこれから渦巻きそうだな〜って感じに見えませんか 

     

     

     

     

     

    DSC_0220

     

    大潮の時間が近づいてきたので、「渦の道」を歩いてみました。

     

    うず  出来てました!

     

     

    DSC_0221

     

    あちこちでどんどん小さな渦潮が発生して大きくなり、消えていきます。

     

    目もグルグル〜

     

     

     

    DSC_0223

     

    これは渦の道の途中、足元に設けられているガラス窓? 真下に潮流を見ることができます。

     

    海面からの高さもあり、流れの激しさに踏んで歩くのは少し怖いくらいの迫力です。(渦は写せませんでした

     

     

     

     

     

    DSC_0226

     

    こちらの渦は、かなり大きいです。スマートフォンなので写り悪くてすみません 

     

     

     

     

    DSC_0227

     

    小さな渦もどんどん生まれています。 あ〜〜グルグル〜目が回りそう〜

     

     

     

    DSC_0230

     

     

     

    DSC_0231

     

    手前の大きな円形部分は海面下から沸き上がってきているように見えました。

     

     

     

    DSC_0232

     

    観潮船「咸臨丸」がやって来ました。

     

     

     

    DSC_0233

     

    渦に向かって突き進んでいきます。間近で見る渦はきっとダイナミックでしょうね。

    大きな船なのでそんなに揺れることもなく、乗客の皆さんは観潮を堪能できたのではないかと思います。

    乗ってみたかったな〜、次回はぜひ

     

     

     

     

    今回はお天気もよく大潮の時間に合わせて訪れたので、たくさんの迫力ある渦を観ることができました。

     

    地球の営みの一つを目の当たりにしたような気がしました。(ちょっと大げさ?

     

    3月下旬から4月下旬は1年で最も良い渦潮観潮の時季と言われています。

     

    まだあと1ヶ月くらいは見頃ですので、ぜひ大潮の時間に合わせて観に行ってみてくださいね

     

     

     

    N.A                

     

     

     

     

     

     

    abecoffeekanbanner banner
    いつも読んでいただきありがとうございます。
    ランキングに参加していますので良ければクリックをお願いします。
    にほんブログ村 グルメブログ カフェへ 人気ブログランキングへ

    posted by: 阿部珈琲館 | 徳島・徳島の風景・イベント | 22:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.abe-coffeekan.com/trackback/463
    トラックバック