Links
Profile
プロフィールはこちらで確認してくださいね↓
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
New Entries




クリックで餌をあげてね

Category
Archives
Recent Comment
Search
mobile
qrcode
RSSATOM
映画「戦火の馬」
2

 

スピルバーグ監督作品の映画「戦火の馬

 

観てきました

 

 

公式サイトはこちら ↓

http://disney-studio.jp/movies/warhorse/

 

 

日本語の予告編動画です。画面をクリックすると再生されます 

 

監督:スティーヴン・スピルバーグ

出演:ジェレミー・アーヴィン(主演)、ニエル・アレストリュプ、トム・ヒドルストン、エミリー・ワトソン、パトリック・ケネディ、デヴィッド・クロス、他

 

第一次世界大戦中のイギリスが舞台。

牧歌的な風景が広がる片田舎、貧しい農民の少年と運命のいたずらで少年のものとなった馬(サラブレッド)との数奇な物語。

戦火に引き裂かれてしまう少年と馬が、互いを求め合い、数々の奇跡を重ねながら・・・ここでやめておきます。ネタバレになってしまいますので。

とにかく全編を通じて映像が美しく、音楽の素晴らしさとともに観る者を圧倒します。

馬のジョーイが主役といってもいいでしょう。つぶらな瞳、たなびく立髪、波打つ筋肉、名優です。美しい、本当に・・・美しい。

もちろん、主演のジェレミー・アーヴィンのフレッシュで瑞々しい演技も光っていました。

戦争の愚かさ、悲しさ、やるせなさ、動物と人との言葉を超えた友情、スピルバーグ監督が描きたかったであろうテーマが胸に迫ってきて、涙を誘う感動の場面の連続でした。

・・・この映画には過去の名作のオマージュとなるシーンが随所にちりばめられていました。

ネタバレにならない範囲で、ラストの画面いっぱいの夕焼けのシーンは「風と共に去りぬ」、etc…

映画好きな人には楽しみのひとつになるのではないでしょうか?

 

 

N.A      

 

 

■ エービーンズからのお知らせ ━━━━・・・・・‥‥‥………
○新たなお支払い方法を追加しました。
本日より次の5つのお支払い方法がご利用いただけるようになりました。
★クレジットカード・デビットカード
★コンビニ(ローソン・セイコーマート)
★コンビニ(セブンイレブン・ファミリーマート)
★電子マネー(Edy・WAON・Suica)
★PayPal(クレジットカード)
コンビニ支払いはただ今創業19年祭で手数料無料でご利用いただけます。
この機会にクレジットカード支払い・コンビニ支払いなどより便利になった当店をぜひご利用ください。

http://a-beans.abe-coffeekan.com/


○当店のポイント制度について
2月末までは、200ポイント以上貯めないと使えませんでしたが、
100ポイント以上あれば1ポイント1円で使えるようになりました。
ポイント利用後の総額が送料無料の範囲外になっても、送料無料の判定基準は
元の購入金額ですので安心してお買い物下さい。
さらに今だけ!創業19年祭で通常の3倍の3%のポイントが付きます!


○メール便新商品追加!
少量から送料無料で人気の「メール便セット」にいくつか商品を追加しました。
ぜひご検討ください。

http://a-beans.abe-coffeekan.com/?mode=cate&cbid=1198858&csid=0
また、エービーンズでは更に幅広いご注文に応えられるよう、大きめの商品を開発中です。
登場をお楽しみに!
 
 
 
 

いつも読んでいただきありがとうございます。
ランキングに参加していますので良ければクリックをお願いします。
にほんブログ村 グルメブログ カフェへ 人気ブログランキングへ

posted by: 阿部珈琲館 | 映画・音楽 | 23:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
映画「グリーンマイル」
3

今日は「啓蟄」。

眠っている虫たちももぞもぞと起きだしてくる、という日ですね。

朝からずっと降ったりやんだり、あいにくのお天気でしたが、
冷たい雨ではなく、微かなぬくもりと、ホワっとした土の匂いを含んだ柔らかな優しい雨でした 

明日は更に暖かくなるという予報です

嬉しいような、虫たちがモゾモゾ〜なんて考えるとちょっとゾッとするような複雑な気持ちです


で、今日は最近観た映画のお話を少々。

2000年公開のアメリカ映画「グリーンマイル」です。

英語版なのですが、予告編の動画を貼り付けました。再生ボタンを押してみてくださいね




1999年(アメリカ)
監督/フランク・ダラボン
脚本/フランク・ダラボン
原作/スティーヴン・キング
音楽/トーマス・ニューマン
出演/トム・ハンクス、デヴィッド・モース、ボニー・ハント、マイケル・クラーク・ダンカン、ジェームズ・クロムウェル他
映画賞/第5回放送映画批評家協会助演男優賞(マイケル・クラーク・ダンカン)、脚色賞(フランク・ダラボン)


ちょっとだけ・・あらすじを


+++++

大恐慌の1935年。アメリカ、ジョージア州のコールド・マウンテン刑務所。そこは死刑囚が最後に辿り着く場所であり、電気椅子へと続くグリーンマイルと呼ばれる通路があった。

その年、ポール・エッジコム(トム・ハンクス)は重い尿道炎に苦しみながら、そのグリーンマイルがあるE棟で看守主任を勤めていた。

そんなある日、ポールのもとへ少女2人を惨殺し投獄された、黒人の大男ジョン・コフィー(デヴィッド・モース)が送られてくる。その外見とは裏腹に子供のように怯え暗闇を恐れるコフィー。

そして看守主任のポールは、その巨体よりも驚くべき不思議な力が、コフィーの中にあることを知る…


+++++引用


3時間を超える長編映画ですが、最初から最後まで飽きることなく、え?どうなる、どうなるの?と不思議なほど画面にひきつけられた映画でした。

スティーブン・キング原作の「ショーシャンクの空に」と同様、刑務所が舞台の話ですが、不思議な癒(いや)しの力を持った死刑囚の周りに次々と起こる奇跡や呪い、また看守と死刑囚との心の交流や葛藤を描いた心温まるヒューマンドラマです
運命の悲しさ、人間の残酷さ、愚かさ、温かさ、癒し、が複雑に絡まるテーマの感動傑作だと思います。
ところどころに散りばめられたCGを使ったファンタジックな映像も、観るものを飽きさせません
題名の「グリーンマイル」とは、電気椅子の処刑室まで最後に歩く、緑色の廊下のことで、それが受刑者にとっては1マイル(約1.6km)にも感じられるというところからきています。

観終わったあとに、なんとも言えない心地良い放心感に包まれました



〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

オンラインショップからのお知らせです。

以前作ったFAX注文用紙がわかりにくいということでしたので、新しいFAX注文用紙を作りました。
制作に5日程かかってしまいましたが、わかりやすくなったと思います。







N.A    

いつも読んでいただきありがとうございます。
ランキングに参加していますので良ければクリックをお願いします。
にほんブログ村 グルメブログ カフェへ  人気ブログランキングへ







posted by: 阿部珈琲館 | 映画・音楽 | 22:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
お気に入りの一枚
1

こんばんは!

今日は一日雨模様で、少し寒さを感じる一日でした



今日、お仕事を(フィットネスの)させてもらった施設のCDプレーヤーです。

これが、スグレモノなんです。

なんとピッチコントロールがついてる 一昔前まではカセットデッキについてたりしましたが、最近はあまり見かけなくなっていました。

これがあれば、お気に入りのCD一枚で全てのプログラムをこなせるので,
とても助かってます




で、今一番お気に入りの一枚

フィットネス専用なので市販はされてませんが。

この中で一番のお気に入りが Cheryl Lynn の Got To Be Real です。

下の再生ボタンを押してみてください。聴けますよ〜

 

わりと最近知った曲なのですが、声の響きといい、メロディーラインといいなんとも言えない心地良い曲なんです 

この曲がかかると自然に体がリズムを刻み始めます。

一度は聴いたことがある曲だと思います。

ぜひ聴いてみてくださいね 



N.A      



いつも読んでいただきありがとうございます。
ランキングに参加していますので良ければクリックをお願いします。
にほんブログ村 グルメブログ カフェへ  人気ブログランキングへ
 

      

posted by: 阿部珈琲館 | 映画・音楽 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
ハッピーフィート
4
こんばんは〜

今日はちょっといつもと違う趣向で映画のお話を。

 映画といってもCGアニメ映画で普段ならあまり観ようとは思わないタイプの映画なのですが、 ペンギン(鳥)、歌、ダンス、ともうこれは観るっきゃないでしょ!・・な設定でしたので

映画館に行けなかったので、随分遅れてしまいましたが 先日やっとアクトビラで観ることが出来ました。

これが良い意味で期待を裏切る秀逸な作品だったのです

予告編・・クリックして動画を見てくださいねっ!



最近のアメリカCGアニメ映画にありがちな展開は前半だけで(大笑いしながら楽しめましたが)、後半からは物語が一気に飛躍し、大人を泣かせ考えさせる壮大な物語へと展開していきます。

ただのお子様向けのかわいいペンギン映画だと思って観ていたら、とんでもない映画でした 

実写と見紛うほどのCGの素晴らしさもさることながら、ストーリー展開、脚本、心情の描き方、偏見や環境問題など人間の心の深い部分にグイグイと潜り込んでくる、ハリウッド大作映画に引けを取らない大作映画でした。

ピクサーの『カーズ』を抑え、アカデミー長編アニメ賞を受賞したというのも頷けます。

ただ一つ欠点を挙げるとしたら、就学前のお子様には後半を理解するのは難しいかもしれない、ということです。飽きてしまうかも。カップルで観るのにはオススメです 

笑いあり、涙あり・・・なのですが、とても素晴らしい大人の映画なのでした 


N.A              







いつも読んでいただきありがとうございます。
ランキングに参加していますので良ければクリックをお願いします。
にほんブログ村 グルメブログ カフェへ  人気ブログランキングへ








posted by: 阿部珈琲館 | 映画・音楽 | 22:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |